• トップページ
  • テレコミュニケーションとは
  • バックナンバー
  • 定期購読申込
  • 広告出稿の案内
  • 取り扱い書店
  • お問い合わせ

Subscription application定期購読申込

月刊「テレコミュニケーション」定期購読お申し込み

テレコミュニケーション年間購読

1年間(12冊):12,000円(本体)+税 (送料込み)
下記の「お申し込みにあたってのご注意」を必ずお読みいただき、先に進んでください。

定期購読申込ページへ

※ バックナンバー、1冊ずつの購入をご希望の場合にはこちらのページを御覧ください。

単部買いページへ

定期購読に関するお問い合わせ、ご連絡は下記までお願いいたします。

株式会社リックテレコム 業務担当
電話:03-3834-8380(平日 9:30~17:30)
FAX:03-3832-8337
Eメール:cst@ric.co.jp

「お申し込みにあたっての注意事項」

≪お申込みについて≫

本誌のご購読は1単位の自動継続制となっております。お客様から購読中止のご連絡があるまで、自動的に購読を継続させていただきます。ご継続してご購読される場合、改めてお申込みされる必要はございません。

≪ご購読料金について≫

ご購読料金は「1年単位の一括前払い」となります。
年間購読料は、1年間(12冊)で 12,000円(本体)+税 (送料込み)となります。

※ 上記の購読料は日本国内にお届けの場合となります。海外への発送には別途送料が必要となりますので弊社までお問い合わせください。

≪お支払い方法について≫

ご購読料金のお支払い方法は、(1)請求書によるお支払い、(2)クレジットカードによるお支払いがお選びいただけます。

(1)請求書によるお支払いの場合、同封いたします払込用紙をご利用になり、全国の郵便局または主要コンビニエンスストアにてお支払いください。振込手数料不要でお支払いいただけます。

※ 銀行口座へのお振込みを希望される場合には弊社までご連絡ください。

※ ご購読料金のお支払いは、請求書到着後概ね1ヵ月以内にお願いいたします。ご入金の確認がとれない場合には、雑誌の送付を停止させていただく場合があります。

※ 法人様で経理上の理由でお支払いが遅れる場合には、お支払予定日を弊社までご連絡ください。

(2)クレジットカードによるお支払いの場合、購読申込手続き終了後にカード決済の画面にお進みいただきお支払いのお手続きをお願いいたします。
ご利用いただけるクレジットカードは、日本国内で発行された 「VISA」、「Master」、「NICOS」、「JCB」、「AMEX」のマークのあるカードとなります。お支払い回数は1回払いのみとなります。

※ カード決済の承認が得られなかった場合には、請求書・払込用紙をお送りいたします。

※ 購読のお申込みを取消される場合には弊社までご連絡ください。

≪雑誌の発送について≫

ヤマト運輸(株)のメール便で発送します。送付先が集合住宅・ビル等の場合には、建物名、階数、部屋番号まで必ずご入力ください。

※ ご移転等で郵便局へ転居届を出されましても転送されませんのでご注意ください。

※ 住所・社名等にご変更のあった場合には、お手数でも弊社までご連絡ください。

≪次年度以降のご購読について≫

本誌のご購読は1年単位の自動継続制となっております。

お客様からのお申し出がない限り、購読期間の終了時に次年度分の請求書をご送付いたします。購読の継続を希望されない場合には、必ず弊社までご連絡ください。

ご継続分の購読代金のお支払いにクレジットカードをご利用される場合には、改めてカード決済のお手続きをお願いします。

※ 弊社で継続分の購読代金の請求処理を行なうことは一切ありません。)

※ 詳細については、ご継続時にお送りいたします請求書をご覧ください。

≪中途解約について≫

購読期間中に中途解約される場合は、一部売り定価でのご精算となります。

※ ご解約の時期によってはご返金額が生じない場合もありますのでご了承ください。

≪個人情報の取扱いについて≫

購読申込書にご入力された情報をもとに、弊社より事務連絡、各種ご案内(新刊、展示会、セミナー等)、読者アンケート調査等を郵便またはEメールでお送りさせていただく場合があります。

お客様の個人情報について、第三者へ提供することは一切ありません。

弊社の個人情報保護方針はこちらからご覧いただけます。

テレコミュニケーション定期購読のご案内

次世代ネットワーク&サービスコンファレンス「講演抄録」

TOPICS注目の記事

インタビュー

望月康則 氏
NEC 執行役員 兼 IoT戦略室長

IoTとAIで圧倒的な社会価値
尖った技術を安心とセットで