• トップページ
  • テレコミュニケーションとは
  • バックナンバー
  • 定期購読申込
  • 広告出稿の案内
  • 取り扱い書店
  • お問い合わせ

Interviewインタビュー

2018年11月号

デジタルとリアルの逆転経済へ
インターネットの遺伝子広がる

江﨑 浩 氏

江﨑 浩 氏
(えさき・ひろし)
東京大学大学院情報理工学系研究科教授。1987年九州大学工学部電子工学科修士了。同年4月東芝に入社。1990年米国ベルコア社、1994年コロンビア大学にて客員研究員。1998年10月東京大学大型計算機センター助教授、2001年4月東京大学情報理工学系研究科助教授などを経て現職。WIDEプロジェクト代表、Internet Society理事、工学博士。主な著書に『サイバーファースト デジタルとリアルの逆転経済』(インプレスR&D)、『インターネット・バイ・デザイン』(東京大学出版会)がある

東京大学大学院
情報理工学系研究科 教授
江﨑 浩 氏

インターネットやデータセンターの世界をリードしてきた江﨑浩教授は、IoTによって“インターネットの遺伝子”がリアル空間に広がり、「デジタルとリアルの逆転経済」が起こると予見している。工場から貨幣、クルマ、住居まで、あらゆる領域に大変革を起こすデジタルの本質的な力が今、“覚醒”しつつあるという。

デジタルトランスフォーメーションの重要性が盛んに叫ばれ、企業は今、デジタル化に必死に取り組もうとしていますが、その先には「デジタルとリアルの逆転経済」が到来すると、江﨑先生はおっしゃっています。サイバー空間が主役で、実空間が脇役のシステムになる「サイバーファースト、フィジカルセカンド」の世界です。

江﨑 現在よくあるIoTは、実空間のコピー(デジタル化)を行い、そのうえで実空間をコントロールしようという枠組みを、基本的には超えてはいません。依然として、実空間のほうから考えているわけです。
 しかし、こうした「フィジカルファースト」から、サイバー空間を前提に実空間のシステムを再定義する「サイバーファースト」へと逆転しつつあります。

詳しく教えてください。

江﨑 「サイバー空間で全部設計して、実空間に“プリントアウト”すればいい」というのがサイバーファーストの考え方です。デジタルですから、実空間への“出口”を作っておけば、いつでも必要なところに出力できます。
 実空間のモノは遅いんですよね。時速50kmくらいのスピードでしか運ぶことができない。ところがデジタルにすると、光速で移動できるようになります。
 モノの設計を全部デジタル化して、世界中の必要なところで生産するようにすれば、時間と輸送コストがドラスティックに変わり、物流が根本的に変わるでしょう。
 物流における20世紀最大の発明は、コンテナ・パレットでした。コンテナ・パレットという共通インフラに何でも搭載し、列車でも飛行機でも輸送可能になったおかげで、それまでのサイロ型物流システムが全部シェアリングエコノミー型のシステムに生まれ変わったのです。物流システムは第三者が持ち、皆が利用料を支払ってそこに送りたいモノを載せればいいと変わりました。
 所有と利用のアンバンドル(分離)という大革命でした。

工場などの生産設備についても、同様に所有と利用のアンバンドルが起き、消費者の近くで“プリントアウト”すればよくなるということですか。

江﨑 そうした変化は、すでに起こりつつあります。なぜなら工場自体は今、ほとんどコンピューターになっているからです。いわゆるスマートファクトリーです。
 私の知っているある酒蔵は、東日本大震災で被災しましたが、迅速に復興できました。その工場はコンピュータープログラムで動いており、そのため“複製”も容易だったからです。
 サイバーファーストで工場をデザインしておくと、ファンクションがデジタル化されているので、簡単に“出口”を変えられます。例えば、トランプが輸入関税をかけるといった瞬間、アメリカへ工場を移せるようにもなるわけです。
 ハードウェアを抽象化し、ハードウェアに依存することなく、ソフトウェアでファンクションを動かせるようにすることで、アンバンドルは実現します。
 まさにクラウドサービスもそうですよね。物理マシンを仮想化したことで「サーバーはどこに置こうが構わない」ということになり、そうなると「そもそも所有しなくてもいいではないか」となったわけです。完全にサイバーファーストです。

IoTが果たす役割

今後、様々な領域で大変革が起きていきますね。

江﨑 今、アンバンドルが加速しているのが貨幣です。
 お金はもともとデジタルですが、紙や金属に数字を書いて、それをお金だと思っていた時代があったわけです。しかし、金本位制が崩壊した瞬間、それまでモノとバンドルしていた貨幣がアンバンドル化しました。現在は国家が貨幣の価値が保証していますが、その呪縛も解けて登場したのが仮想通貨です。

キャッシュレス化も急速に進んでいます。

江﨑 ブロックチェーンで会社を作るDAO(Decentralized Autonomous Organization:分散型自律組織)も登場しています。DAOでは、会社に必要なファンクションすべてをプログラミングして実行します。

経営者すらデジタルで設計されるサイバーファーストの時代が到来しつつあると。ところで、サイバーファーストへの移行にあたって、IoTが果たす役割とは何でしょうか。

(聞き手・太田智晴)
続きは本誌をご覧下さい

定期購読申込ページへ

単部買いページへ

テレコミュニケーション定期購読のご案内

TOPICS注目の記事

インタビュー

丹 康雄 氏
北陸先端科学技術
大学院大学
教授

スマートホームからライフへ
AIなしでは「巨大なリモコン」